食事のメニューを意識する

むくみができるだけ防ぎたいと思い、塩分の少ないものを食べたいとイメージする人も多いと思います。しかしながら、どのような食事を取ればいいのかがわからなくなる人もいるはずです。単純に塩分の多いものは食べないのが良いに決まっていますが、それ以外のことにも意識しておくことが重要になるはずです。

どんな食事が良いのか、どんな食物が望ましいのか、いかんせんわからない人もいるために、しっかりとした心がけが必要になるはずです。

たとえば、食事の中で、エネルギーを抑える食事を選んでも良いはずです。

下ごしらえや調理でなるべく脂質を減らす工夫をするという考え方です。下ごしらえで脂質をカットして、肉を焼く時は網焼きにして、余分な脂質を落とす。また痛めたり焼いたりするときにはフッ素脂肪加工のフライパンを使うと、調理油を減らすことにつながります。

あまり目で見た感じにはわからないことですが、このような細かなことをどれだけ意識して行えるかで、もとめているような栄養分につながるはずです。

茹でたり、蒸す料理も脂質を減らせる調理法の1つです。肉の油抜きをしてから調理すると、あっさりしていながら肉の旨味とボリューム感を楽しむことが出来るために、美味しさとともに、脂分を減らすことにつながるために、むくみやダイエット予防になるはずです。

味付けにも一工夫をして、濃い味付けはご飯を食べすぎて糖質のとりすぎにもつながってしまいます。作る量はその時に食べる分だけにしておきましょう。

余分に作る時はつい食べてしまったり、小腹がすいた時につまみ食いしてしまいますので、食卓には栄養のあるバランスを考えてから行いたいものです。
ハンバーグやミートフローフなど、ひき肉を使う時は赤みのブロック肉を買ってきて、フードプロセッサーで引き、さらに豆腐やおから、キノコなどを混ぜ込むと、少しの肉でボリューム感のあるメニューになるはずです。

あまりにもこだわりが強すぎると、どうしてももとめている食物とは引き離れてしまう虞があるために、どのような食事をしたら良いのか次クリとした計画が重要になるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です