ラシックスの効果「有効成分フロセミド」

デスクワークの仕事をしていると、夕方から夜にかけて、太ももがパンパンでむくみに悩んでしまう女性がいます。

軽い運動やマッサージ、食事などで和らげることもできます。しかし、完全に治すことはできないために、むくみの影響で河畔氏が太く見えてしまいます。

このむくみの悩みを解消するために利用するのがラシックス。有効成分であるフロセミドがむくみの原因に作用するために、改善してくれます。

むくみの原因として、心臓や肝臓などの働きが悪いことで水分が下半身に溜まり起こってしまいます。ただし、女性の場合は、筋肉の働きが男性と比較して弱いために、動脈から静脈に血液を十分に心臓にもどすことができずに、一部が下半身のふくらはぎに残るために、結果として浮腫が起こることがわかっています。

そこでラシックの有効成分であるフロセミドを服用します。

フロセミドの作用としては、腎臓に作用して尿量を増やします。そのために、体に溜まっている無駄な水分を取り招き、尿としてた以外に排出する作用が期待できます。

結果として、尿量が多くなるという副作用がありますが、その分のふくらはぎや二の腕、目の周り、頬などには水分が溜まりにくくなるために、むくみの改善につながります。

ここでワンポイントとして、ラシックスを初期の段階で利用すると、尿量が多くなるために、体重が2~3kgほど減量することがわかっています。

そのために「ラシックスはダイエット効果がある!!」と、評価する情勢がいます。

しかしながら、あくまでもラシックスは利尿作用で体内に溜まっている無駄な尿を流しているだけであり、あくまでもむくみや利尿として効果があるだけです。

継続してラシックスを服用していると、どんどん体重が減るわけではありません。むくみの予防や改善につながる薬と理解して使うことが重要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です